元ニート期間工の盆休み

雑記

どうも元ニート期間工のGUNです。久々のブログ更新でございます。

ホンダ期間工は9連休だったので、実家に帰ってゆっくり過ごしてきました。

久々に地元に帰ってみると変わった事もあったりして楽しいもんですね。

他愛もないブログ日記的なものですが、盆休み中の出来事などを書いていきたいと思います。

また、今後のブログ方針についても語ります。

陽キャになった弟

実家に帰って一番びっくりしたのが弟の変化ですね。キラキラの陽キャ大学生と化していました。

元々自分とは違って明るい性格で誰とでも付き合える良い奴なんですが、さらに磨きがかかっていました。

体を鍛え始めたらしく、めっちゃ良い体格で細マッチョ化してましたね。鍛えて体の厚みが出たために、印象はかなり変わってました。

期間工をやっている僕なんかよりも、ずっと良い体格。期間工やってるだけじゃなくて、ちゃんと鍛えないとダメですね…

弟は音楽系のサークルに所属していて、サークルに参加したりライブに出たりと忙しい毎日を送っていました。リア充だなあ…

もうそろそろ就職活動も始めるらしく、外資系の企業に入りたいそうです。

将来の未来が見えない僕と、将来が明るくリア充な弟。どうしても比較してしまいますね。

弟が良い奴なので、そんなに嫌な気持ちはしないのが良かったです。これで仲が悪かったら、嫉妬で苦しんでいたでしょうね。

付き合いやすくなった父

僕はあまりしゃべるタイプではないので、家族ともコミュニケーションが多い訳ではないです。

兄弟とも頻繁にしゃべる訳ではないですが、ちょうどいい距離感で付き合っています。兄弟の方からフランクに話しかけてくれるので、やりやすいのです。

しかし、父とはあまりいい関係ではありませんでした。

怒られた過去の経験などもあって自分自身避けていた部分もあるし、父の方もあまりしゃべらない僕とどうやって付き合っていいか分からない様子でした。

ただ、今年の盆休みに実家に帰ってみると、とても付き合いやすかったです。

父と離れてみて自分の心境が変わったのか、父の心境が変わったのかわかりません。

関係の悪い相手と一度離れてみると、良い変化というのもあるもんなのだなあと実感しました。

偉大なスーパーカブ

長年経っても変わらない魅力を持ち続けるものもあります。ホンダが誇るスーパーカブです。

ホンダ鈴鹿で働いている人は、工場内でスーパーカブがよく走っているのを見かけるかもしれません。実は僕も持っています。

スーパーカブは実家にいるときに移動手段として使っていて、鈴鹿に持ってくるのも面倒なので実家に置いたままにしていました。

購入したのは2年前で、中古の50ccです。

カブ好きに怒られそうですが、購入してからメンテナンスは一切してません。実家で他に乗る人もいないので、長期間放置されていました。

正直エンジンはかからないかな…と思っていたのですが、なんとかエンジンは始動しました。流石スーパーカブ。

久々に乗ってみようと思い、実家周辺を走ってみたのですがやっぱり楽しいですね。

元々ツーリングにハマっていた時期もあって、その楽しさが蘇ってきました。また始めてみようかな。

帰って来てから、Youtubeでバイクのツーリング動画を見るのであった…

高校野球面白すぎ問題

野球がやる人が少なくなったとはいえ、関西は未だに野球が人気です。三重に来ても、野球好きな人が多くてびっくりしました。

そして、お盆休みはちょうど高校野球の甲子園大会の時期でもあります。冷房ガンガンでコーラ飲みながら見る甲子園、最高すぎる。

野球観戦歴が長い訳ではないので断言できませんが、最近の高校野球は強豪校以外も強くなってませんか?

高校のネームバリューだけで結果が予測できなくなっている気がします。

東海地方で言えば、記事を書いている直前に岐阜県代表の中京学院大中京がベスト4に進出しました。誰がここまで躍進すると予想したでしょうか。

地方大会でも、選抜優勝校の東邦があっさりコールド敗退するなど、いわゆる番狂わせが多かったです。

僕の甲子園の楽しみ方は、それぞれの高校に好きな選手を見つけて応援する事です。そうすると、接戦でも大差の試合でも結構楽しめます。

今年の奥川くんは神。14回完投に思わず泣いた。

何度見ても面白い「千と千尋の神隠し」

金曜ロードショーでやっていた「千と千尋の神隠し」。毎年放送しているような気がしますが、またまた見てしまいました。

もうね、何度見ても面白いんだよなこれが。

小説にしても映画にしても、名作は何度見ても新鮮な気持ちで楽しむ事が出来るものです。

今まで気付かなかったことに気付いたり、自分の心境の変化から違う視点で見る事が出来たり。

前までは何も感じなかったのですが、千がおにぎりを泣きながら食べているシーンで泣いてしまいました。物語の序盤なのに…

この作品は登場人物の対比であったり、なんでこの場面が必要だったのだろうと考えさせられる事が多いです。

姿の変わった豚から両親の存在を見分けられた千尋。最後まで姿の変わったネズミの正体が息子であると分からなかった湯婆婆。

カオナシはどういう存在だったのか?悪い存在だったのか?良い存在だったのか?

スートリーや映像美を素直に楽しめるだけでなく、それ以上に深い考察を促してくれる作品。

やっぱり日本映画史上に残る名作はいつの時代でも変わらない魅力がありますね。

実家に帰ると思い出す引きこもり時代

ちょっとカブで走っただけで、基本的に実家に帰ってどこかに出かけた訳ではありません。高校野球を見たり、ゲームをして過ごしました。

引きこもり時代はまさにこうやって過ごしたなと思い出しました。

よくよく考えれば、鈴鹿でも仕事以外で出歩く事が無く、引きこもりのメンタルから何も変わってません。

確かにブログを始めたり、新しい事にチャレンジしてはいるものの部屋の中で出来る事しかしてません。

外に出て行かないと今後の自分にも良くないと思うので、外で出来る事もやっていきたいですね。

三重に来てるんやからこっちにいる間に、三重をもっと堪能したもんですね。

邪道ブログを目指す

ブログは情報を統一した方が良い

今後のブログ方針は邪道ブログを目指そうと思います。

他の期間工の方はちゃんとブログ方針を定めて、しっかり運営していると思います。

期間工の情報に特化していたり、期間工の日常や周辺情報を発信したり。基本的に、ブログはそんな感じで統一した方がいいと思います。

なぜなら、ブログを訪れる人は興味のある情報しか見ません。

期間工に興味がある人は、期間工の情報しか見ないでしょう。ニートの情報に興味がある人は、ニート関連の記事しか見ません。

投資では勝負できないので期間工に特化するべきだと思うし、こういう日記みたいな記事も書くべきではないかもしれません。

好きな事を書いていいじゃない

でも、色々考えるのは辞めました。書きたい事を書きたい時に書く。それでいいやと思うようになりました

実は作成して没にしてしまった記事があります。理由はこんなん読んで誰が興味あるんだろうと思ってしまったためです。

その中でも「ブログの滞在時間から読者の満足度を測る」という記事は、時間をかけて作成しましたが没にしてしまいました。

ブログ関連の記事は、あまり読まれないだろうというのとデータ分析は説明が難しい割に興味がある人は少ないと思ってしまったためです。

実際、質の良いブログにするには適切な判断だったかもしれません。

しかし、良い物を作ろうと突き詰めて結局何も出来ない。

今までの人生を見ても、そうやって辞めてしまう事が多かったように感じます。

続けるためには自分の好きな事をやる。ブログもそれでいいじゃない。

期間工ネタは尽きる

正直期間工ネタなんてそんなに無いんですよ…毎日更新している人達は、本当に尊敬します。

もっと期間工ネタを書かなきゃいけないと思って、自分で自分を苦しめていたような気がします。

今後は期間工ネタに縛られることのない雑記ブログ、他のブロガーから見たら邪道ブログのようなブログ運営にしようと思います。

戦略を練る事は自分自身楽しいし必要な事かもしれません。

でもそれ以上に続ける事の方が大事です。とにかく継続することを意識して頑張ります。

 

期間工ブログの人気ランキングを見る

米国株ブログの人気ランキングを見る

雑記

Posted by GUN