【迷う】VOOにすべきか?eMAXIS Slimにすべきか?【比較】

2019年7月28日投資

本家バフェットが個人投資家に推奨している、S&P500指数に連動するインデックスファンドへの投資

実際、円建てでの配当込みトータルリターンは30年で年平均9%となっています。(myINDEX)

もし、30年前に100万円をS&P500に投資していれば1327万円(配当込み円ベース)になっている計算になります

こういう事実を見ると、やはり個別投資よりインデックス投資一択に感じます。

しかし、インデックス投資家にとって最も悩ましい事はS&P500に投資する方法です。

我々は2つの方法で、S&P500に投資する事が出来ます。

  • 海外の取引所に上場しているETF
  • 日本国内で購入できる投資信託

どちらで購入する方が効率良く資産を伸ばす事が出来るのでしょうか?

実際の所、私もどっちにすべきか?と迷いまくっています。

今回は、代表的な海外ETFであるVOOと、国内投信ではeMaxis Slimを比較していきたいと思います

VOOとeMaxis Slimの比較

  VOO eMaxis Slim
購入金額 1口29000円 100円~
手数料 0.45% 無料
信託報酬 年0.03% 年0.162%
取引場所 海外市場 国内市場
取引方法 直接買い付け 自動積立
配当 受け取る 自動再投資

 

これは全て2019年7月23日時点での数字です。

➀購入金額

VOOが1口2万円以上かかるのに対して、eMaxis Slimは100円から投資する事が出来ます。

小さい額から始めたい投資初心者にとっては、お手軽に始められるのはeMaxis Slimですね。

また、投信だと毎月一定額を積み立てする事が出来るのに対して、VOOは細かい額を指定出来ません

②手数料

最近になって、海外株式の最低取引手数料がほぼ無料になりました。

今までは、VOOを買うときの取引額がだいたい10万円以下だと、手数料損だと言われていました。

今では、10万円以下でも手数料損にはならないので、少額からでも買いやすくなりました。

積立投資はETFが不利と言われてきましたが、かなり改善されて来ましたね。

が、eMaxis Slimは一回の買い付け手数料は無料ですので、こちらもeMaxis Slimが有利か。

③信託報酬

信託報酬はVOOに軍配が上がります

ただ、最近の国内投信の手数料は引き下げ合戦を繰り返しており、今後もさらに下がる可能性があります。

④取引場所・取り引き方法

VOOは米国市場が開いている時間に直接取引しなければなりません。

もちろん、あらかじめ注文をしておく事が可能ですが、毎月積み立てする場合は手間が面倒

ちなみにSBI証券では、ETFの定期買い付けサービスも行っています。

対して、eMaxis Slimは一度設定してしまえば自動で積立をしてくれるので、手間がかかりません

⑤配当

この配当の再投資こそ、今回の焦点となるでしょう。

VOOが配当を受け取れるのに対して、eMaxis Slimは配当を自動的に再投資してくれます。

何が違うかというと、配当を受け取る際に、税金を取られてしまうという点が違うのです

税金の繰り越し効果

VOOから配当を受け取っても、その配当を投資に回すつもりなら税金分が無駄になってしまいます

国内投信はその配当を自動再投資してくれる場合が多いです。

その自動再投資の場合、税金は取られることはありません。

本来取られるはずの税金を投資に回す事が出来るというのを、税金の繰り越し効果と言います。

この税金の繰り越し効果は、長期で運用する場合は絶大な効果を発揮すると言われています。

効率を求めてインデックス投資を始めたのなら、さらに効率を求めて国内投信にすべきか?

これこそ、インデックス投資家の悩みの種であり、私自身の悩みでもあります。

そもそも数字的にどれほどの差があるのか?

長期の場合にリターンに差が出ると言いましたが、実際の所どれほどの差があるのでしょうか?

ツイッターでこんなブログを発見しました。

「なまずん」さんは、実際にどれほどの差があるのかシュミレーションしてくれています。

どんなシュミレーションなのかは、「なまずん」さんのブログで確認して下さい。

その結果は40年以上経てば、差が顕著に表れるというものでした。

そして、その差も平均リターンが少なければそこまで出ないという結果に

あくまでもシュミレーションなので、この結果をそのまま受け取るべきではありません。

が、繰り越し効果が数字的にどれほどの差があるのか?というのは、今まで我々が無視してきた疑問です。

繰り越し効果は自体はあるのですが、そこまで気を遣う必要は無いのでは?と考えさせられました。

結論、どちらに投資すべきか

そこまでリターンを追う必要があるのか?

トータルリターン自体は、繰り越し効果のおかげでeMAXISの方が上かもしれません。

しかし、そもそもS&P500に投資している時点である程度の効率化は出来ているはずです。

そこからリターンの違いを考えだしたら、本当にキリがありません。

ぶっちゃけVOOでもeMAXISでも、どっちでもいいと思います。

リターンの差も確かにあるかもしれませんが、仮に40年後に10%多かったとして何が嬉しいでしょう?

そんな細かいリターンを考えるよりも、投資を続ける事の方が最重要だと思うのです。

私はeMAXISで投資する

私自身の判断としては、今後はeMAXISに投資するつもりです。

一番の理由は、手間がかからないという点です。リターンがどうのこうのではありません。

元々はVOOへの直接投資をしていたのですが、毎月買うのが面倒になったため、乗り換えました。

私は元ニートというだけあって、根が面倒くさがりなのです。

VOOに投資する人を否定するつもりはありません。

どっちにしろS&P500に投資している仲間同士なのだから、仲良くしましょう。

期間工はどっちにすべき?

もしも、期間工で投資に興味がある方がいれば、eMAXISをおすすめします。

実際、投資初心者にとって、投資信託というのは扱いやすく、ほったらかしにするだけで投資が可能です。

このブログを見て、投資に興味を持たれたら是非インデックス投資を始めてはいかがでしょうか?

 

期間工ブログの人気ランキングを見る

米国株ブログの人気ランキングを見る

投資

Posted by GUN