コロナショックで失われた40万。株価暴落と今後の積立投資方針。

2020年3月9日投資

中国武漢から始まった、全世界を巻き込んだ新型コロナウイルスの感染拡大…

2020年3月7日現在、未だに日本でも感染者が増え続けており、収まる気配はありません。様々な場面でコロナの悪影響が及ぼされております。

小中学校の休校、ライブイベントの中止、無観客で行われるスポーツ、マスクの高額転売問題、トイレットペーパーのデマ…等々

こんな混乱が起きてしまえば、経済的なダメージは凄まじいものでしょう。実際、中国人観光客が減った影響で潰れてしまった会社も多数出ているようです。

そうなれば、もちろん株も下がってしまいます。

底辺期間工として働き続けて貯めたお金を、ひたすらeMAXIS Slim米国株(S&P500)につぎ込んでいる私にとっては大ダメージ。

たった2週間前では、30万以上の含み益だった(ざっくりとしか覚えてない)のが一瞬で吹っ飛び、今では7万の損失。2週間で約40万吹き飛んだ事になる

信じられるか?3週間前には歴代最高値更新をしてたんだぜ?

今日のアメリカ株も下落しており、ドル円も円高に進んでいるので、まだまだ含み損は拡大していくでしょう。

株の暴落を目の前にして、積立投資をしている個人投資家が何をすべきなのか。今後の投資方針を考えて行こうと思います。

記録的な暴落となった米国株

コロナショックによる株価が下落している米国株。本格的な暴落が起きた先週(2020/2/24~2020/2/28)は様々な記録が出てしまったようだ。

NYダウ1190ドル急落、過去最大の下げ幅を記録

この1週間での下落率は、12%を越えた。これは2008年リーマンショック直後の金融危機以来の下落率である。

これだけでも今回の暴落がとんでもない事であると分かるかもしれない。

個人的な今後の予想

あくまでも個人的な今後の株価予想をすると、まだまだ数ヶ月単位で下落は続くと思っています。

「今が底である」という論調のネット記事などはありますが、無責任も甚だしい。

こういう下落が起きている以上、最悪のケースは常に想定するべきであり、今が株価の底であると断言出来る根拠はどこにもありません。

個人投資家にとって、辛い時期が続くかもしれませんが、ある程度の覚悟はしておいた方が良いと思います。

実は嬉しい?株価暴落

現在の資産状況(2020/3/7)

  • リスク資産:2,803,486円
  • 現金:3,836,714円
  • 合計:6,640,200円

 

リスク資産はほとんどeMAXIS Slim S&P500で、30万ほどVOOを保有しています。まあ、ほとんど同じようなもんですね。どちらもS&P500に投資しているのは変わりないですから。

大体、積立投資を始めたのが去年の5月頃で、毎月大体30万ほどの設定で積立をしていました。今年に入って、株価のバブル感が怖くなり、月20万ほどに減額しています。

割とハイペースで積立をしている理由は、①余剰資金があるから➁期間工で貯金しやすい環境にあるからですね。

やってて良かったドルコスト

株価下落自体はやっぱりキツいのですが、唯一良かった事はドルコスト平均法で毎月積み立てにしていた事です

積立投資を始めた5月時点で、余剰資金がそこそこあったので、一括投資にするか積立投資にするかをかなり迷っていました。

結果、積立投資を始めたのですが、その後株価は好調。一括投資にしておけば良かったと何度も思ったものです…

もし一括投資をして余剰資金が無い状態で、今の状況を迎えていたらメンタル的に相当やられていたかもしれません。

ドルコスト平均法自体、下落相場でこそ効果を発揮する投資方法です。積立投資を始めて1年以内にこういう暴落に巻き込まれた事は、むしろ幸運かもしれないと思い始めています

下落相場で買う事が出来る喜び

株価下落によって、精神的に辛いのは当たり前です。自分の資産が目に見えて減っていくショックは何事にも変えられません。

実際、好調をキープしていたなら僕の資産も今頃700万に到達しているはずでした。

しかし、長期で保有する前提の積立投資家にとって、安値で買う事が出来ると言う事は、嬉しい事ではないでしょうか

もちろん、ここが底値という保証は無く、まだまだ下がる可能性は高く、自分の資産はどんどん減っていくかもしれません。

ですが、こういう時こそ狼狽売りせずにどんどん買い増して行く気概を持つべきでは無いでしょうか?

一度売却するべきか否か

もしかしたら長期保有前提の積立投資家の中には、一度売却して底で買い直そうとしている方もいるかもしれません。

個人的な意見になってしまうのですが、これはオススメできません。理由は簡単。そんなに上手い事トレード出来ないからです。

投資をやっていると常にベストの結果を追い求めようとしてしまいます。

特に投資界隈は周りと比較して、アイツはあれだけ稼いでいるのだからと自分も…となってしまいがちです。

しかしベストの結果を追い求める必要はあるのでしょうか?特に積立投資家になるような人は、ベストよりもベターを求めて積立投資を始めたのではないでしょうか?

上手い事トレードしようとせずに、時間の流れに身を任せてしまうぐらいの気持ちでガチホを続けたいと思います。

株価暴落よりよっぽど怖いのは…

何にしても株価下落による資産の上下はそれほど気にしてはいません。むしろチャンスとすら思っているぐらいです。

そんな事よりもコロナによって実体経済が悪化する事の方が、よっぽど怖いです。

期間工という不安定な仕事をしている以上、景気悪化による雇用の減少が一番心配している問題です。

僕は今後も期間工ループを続けるつもり満々ですので、今後の期間工生活が持続できない可能性が出ている現状が物凄く怖くてたまりません。

ホンダのフル満了までもう1年を切ってしまいました。もし1年後さらに景気が悪化して、他の期間工も募集がストップしてしまうと自分はどうやって生きていけばいいのか…

仕事なんて選ばなければ何かとあるとは思うのですが、やっぱり投資に向いているのは貯金しやすい期間工なので、少しでも景気回復している事を祈ります。

とにかく投資は淡々と続ける

まとめに入りますが、コロナによる株価の下落はまだまだ続く可能性は高いです。

それでも、今までと投資方針を変える事なく淡々と積み立てて行きます。

投資家にとって試される辛い時期が続くかもしれませんが、ともに耐え忍んでいきましょう…

 

期間工ブログの人気ランキングを見る

米国株ブログの人気ランキングを見る

投資

Posted by GUN